«前の日記(2014-07-26) 最新 次の日記(2014-09-08)» 編集

tueda's diary


2014-08-30 tueda's diary

_ FreeBSD nework interface の再起動 (netif and routing)

FreeBSD 10.0 で iSCSI な storage を作った(のはまた別のお話で).iSCSI 接続用に NIC を増設した後,/etc/rc.conf に増設 NIC の IP を書いて

/etc/rc.d/netif restart

とやった.無事に IP アドレスが設定されてメデタシメデタシ.

その後 Storage 機として普通に使っていたのだが,IPsec vpnな別セグメントからsshでアクセスできない.まあ隣に置いてある esxi 専用だし,メンテするときだけ踏み台使って入れば良いしと,しばらく放置.

今日,ふと思い立って FreeBSD 機のフィルタやら vpn ルータの設定やら散々見て回ったが,特に問題がない.なんでかなー,とSkypeで呟いたら丁度出かけようとしていた某国王が『gateway設定してないオチ』と言い残して出かけてしまった.

いやだって,インストール時に散々 pkg とか使ってるし,gateway の設定してなかったら外に出られへんやん…と思いながら一応確認./etc/rc.conf にはちゃんと書いてある.『ほらー,書いてるやん…』と言いながら,外部に向かって ping 打ってみると…

ping: sendto: No route to host

ええっ!なんで???

# netstat -rn | grep default
#

ほんまに無いし(ーー;)…国王正解.ともかく手動で default rout を追加して解決.

# route add default 192.168.xxx.xxx

しかし原因が判らんのはとても嫌なので,ちょっと実験.

# netstat -rn | grep default
default            192.168.xxx.xxx      UGS       em0
# /etc/rc.d/netif restart
(省略)
# netstat -rn | grep default
#

お前かっ(ーー;)

どうやら,netif で network interface を再起動すると routing 情報が消される様です.都度,手動で default route を追加せなあかんのかー.この子は default しか持ってないからええけど,static route をいっぱい設定してたらめんどくさいよ?みんな困ってないの?と思ってググる先生に聞いてみたら.

https://forums.freebsd.org/viewtopic.php?&t=12132

network interface を再起動するときは

# /etc/rc.d/netif restart
# /etc/rc.d/routing restart

と2段構えでやるべし,と.なるほどそう言う物でしたか.てか,routing というコマンドがあるのは知りませんでした,netif が全部面倒見てくれるわけじゃないのね… /etc/netstart なら全部面倒みてくれたのになあ(_ _;)

本日の教訓: 設定ファイルだけ見て設定されていると思ってはいけない

# 今時は service netif restart やろ「おっさん乙」言うな(;´Д`)


総訪問者数: 本日の訪問者数: 昨日の訪問者数: