«前の日記(2013-12-29) 最新 次の日記(2014-01-01)» 編集

tueda's diary


2013-12-31 tueda's diary

_ フエその2

フエ2日目.今日はついにグェン王朝の王宮殿を攻略...した積もりがなかなか...

装備

冬のベトナム中部地方を舐めてはいけない.雨期は寒いのである.てっきり熱帯地方だと思って夏装備でやってきてしまった我々は,まずは装備を整える所からやりなおし.

とにかく,霧雨を凌がねばならない.それにはウィンドウブレーカーと帽子である.傘はもっていたけど,傘をさしていてはベトナムの交差点は渡れない(後述).

というわけでまずはスーパーマーケットで,中学生が着るようなサッカーチームのエンブレム風の何か付いたジャケットをゲット.200k vnd (1000円) くらい.これで霧雨に奪われる体力を大幅に軽減.

さらに上から落ちてくる雨を避ける為に帽子は欠かせない.ベトナムの気候にはきっとベトナム傘(ノンラ)がベストに違い無いが,勿論そんな物はスーパーには売っていない.

まあいきなりフル装備にしなくても,ドラクエだって装備は徐々に上げていくものだ.まずは「霧雨の鎧」のみを着て,王宮殿に向かったのだ.きっと王宮殿に入る前に「雨水の兜」を手にいれられるに違い無いと信じて.そしてついに,見つけたのだ.「竜王の城」(ベトナムの王様は5本爪の龍なのだ)に渡る手前の道具屋で「ベトナムの傘」を!

しかしここで妄想から我に返って考えた.これ,かさばるし折りたたむこともできないので,買っても持って帰れない...うーん.

まあでもやっぱり欲しいので店主と交渉してみた.それも,使い捨てを覚悟して模様も飾りも一切無い,一番安そうなやつを.

店主「わんだらー($1)」
わし「えー高いよ.じゃあ要らない」
店主「じゃあ,しゃーないね」

というわけで一瞬にして交渉は終了.ベトナム傘はゲットできなかった orz

仕方が無いので隣の店でインディージョーンズ風の帽子を買うことにした.これはおばちゃんが $5 と言うところを値切ったら $4 に.さらに 40k vnd と単位を変えてみたら

おばちゃん「50k vnd.これ以上まからんよ〜」

というわけで,250円相当で帽子をゲット!これで装備は完璧.すっかりインディージョーンズの気分で王宮殿に乗り込んだのである!

が,後でトイレで鏡を見てみたら,インディージョーンズどころか,もう何人かさっぱり判らない変なひとになっていて愕然.1$ = 20k vnd でベトナム傘ノンラを買った方がマシだったか...や,まあ,暖かかったら良いか(ーー;)

謎の日本人風

横断

フエもダナン同様,バイクが多い.観光都市であるから,車もバスも,そして人力自転車も多い.要するに交通量はハンパない.信号機はダナンより多いが,昼間っから点滅信号状態で役に立たなかったり,片側3車線もあるような広い道路が五叉路六叉路で交わるような交差点でも,信号機が無かったりする.

道路横断のコツはイタリアと同じで「目力」で渡る.車は右側通行なので,渡る前に左を睨む.真ん中まで来たら次は右を睨む.イタリアだとこれでOK.しかしベトナムではこれだけでは足りない.

真ん中まで来た時に右を睨んでいると,何故か,左からバイクが突っ込んでくることがある.この日記を書き始めるまでは

「左折車も来るから,真ん中以降も右だけ見ててはいかんのだな」

となにげに納得していたのだが,冷静に考えると,左折車は右車線に入るはずだから,こちらが真ん中より先に進んでいるのに左から突っ込んでくるのは実に謎である.まあしかしどの交差点でもそれが現実なので,交差点を渡る時には

真ん中以降は右を睨みつつ左を心眼で見る

必要がある.これさえ出来れば,どんな交差点でも渡れる.大丈夫だ(何が)

王宮殿からの帰りしにはだいぶ慣れたので,その調子で点滅信号状態で歩行者信号が絶対に青にならない交差点を普通に渡ったら,向かいで立ち往生していた日本人らしき女子二人連れが目をまん丸にしてこちらを見ていた.

既に「謎国籍人コスチューム」だったので,きっと私の事を日本人とは気づかなかったのだろう.助けも求められなかったし.

彼女たちが無事に交差点を渡れたかどうかは知らない.

バイン・ほげほげ

バインとは米粉で作った「皮料理」.焼いてパリパリにしたり,蒸してプリプリにしたりとバリエーションは色々.

フエの名物料理として「バイン・ほげほげ」(ほげほげには「ベオ」など調理法などを表す名詞が入る)という名称の,蒸し系のものがあるらしい.Cung An Dhin というお店が有名というので行ってみた.

バイン・ベオ

実に美味い.お姉さんが実演してくれた通りに,付属の出汁醤油をほんの少量スプーンでかけて,皿に張り付いたゼリー状の米粉餅を掬って食べる.あっという間に平らげてしまう.

葉っぱを開くと

次に出てきたのはチマキの様な何か.これもお姉さんが実演してくれた通りに,葉っぱを開いてピリ辛系の出汁醤油で食べる.これも堪らん.

バイン・ボッ・ロック
バイン・ナム

本当に美味い.とはいえ物が米粉.しかも蒸してゼリー状にしてあるのでぺろりと平らげてしまうが,結構ハラに溜まる.短時間でお腹いっぱいに.またおやつ感覚のようなのでゆっくり酒を吞む雰囲気でもない.

マンデリンカフェその2

というわけで最後はまた,マンデリンカフェに.

バイン・セオの小さいの

と良いながら,またバイン系を注文してしまった...こっちは焼き系.これはこれで美味しかったですよw

チキンサラダ

そしてこれ.チキンサラダを頼んだら何故か Steamed Rice と魚醤そして茶碗も付いてきた.これは茶碗にごはんとチキンサラダを取り分けて魚醤を軽く掛けて混ぜて食べるに違い無いと,やってみたらメチャウマ(゚д゚)

本当に正しい食べ方かどうか別として,マジで美味かったです.これは最高.

そんなわけでフエ最後の夜はマンダリンカフェの太郎(と昨日の犬を命名)を遠くから眺めて終了.太郎の側の席はずっと他のお客さんが座ってました.太郎はと言えば,その席に座った人には分け隔て無く誰にでも愛想を振りまいておりました.良き哉(*´∀`*)


総訪問者数: 本日の訪問者数: 昨日の訪問者数: